練馬総合病院

ご来院の方へ

よくある質問

受診

健康保険証、各種医療証が必要です。紹介状(診療情報提供書)があれば持参下さい。


紹介状がなくても受け付けています。かかりつけ医の紹介状を持参されると、選定療養費2,000円(税込2,200円)は必要ありません。


自動受付機にて診療順番をお取りになり受付2窓口へお越しください。総合受付に案内係がおりますのでお気軽にお声かけください。


自動受付機にて診療順番をお取りになり受付2窓口へお越しください。


会計

診察終了後、ファイルを会計窓口にお出しください。会計番号票を発行いたします。

診療費の計算ができた方の番号を表示いたしますので、自動精算機でお支払いください。

自動精算機の操作が分からない方は、会計窓口でお尋ね下さい。


当院では、保険外併用療養費として2,000円(税込2,200円)頂いております。厚生労働省により制定された高度・専門医療を担当する200床以上の病院で、初診時に紹介状をお持ちでない患者さんを対象に自己負担金を頂く制度です。


次のような場合、初診として取り扱い、選定療養費をご負担いただきます。

・練馬総合病院に初めて受診される場合

・以前に練馬総合病院を受診されていたが、別の疾患で受診される場合

・患者さんが診療を中止し、改めて受診される場合


ただし、次に該当される場合はご負担いただきません

・他の医療機関からの紹介状をお持ちになられた場合

・今回受診する診療科は初めてだが、別の診療科にご通院中の場合

・救急車で来院され、救急診療を必要とされた場合

・特定疾患または障害などにより各種公費負担制度を受給されている場合

・生活保護法による医療扶助の対象となられている場合


証明書・診断書

受付3にてお申し込みください。出来上がり次第担当者からご連絡いたします。


受診できます。ただし、医療機関の指定がある場合は指定の医療機関でお願いいたします。

健康診断は、予約制となり、健康医学センターにて承っております。03-5988-2246にてご予約ください。


診療

外来診療の受付時間は、月曜日から金曜日の

午前 08:00~11:00  診療開始は 09:00

午後 12:00~16:00  診療開始は 13:30


時間外、土日、休日の診療は、日当直医師による対応になっております。通常の外来診療ではありません。なお、小児科、眼科は行っておりません。

まず、電話(03-5988-2290)でご確認のうえ、ご来院ください。


電話(03-5988-2290)または、受付総合案内にてご相談ください。


初診となります。


健診結果票と健康保険証をご持参ください。


予約制となります。健康医学センター(電話 03-5988-2246)までご連絡ください。


予約制になっております。現在受診している科があれば、担当医師にご相談ください。それ以外の方は、一度内科を受診後、ご相談ください。


入院

先ずは診療を希望する外来診療科を受診し、担当医師にご相談ください。


同上。

入院が決定したら、入退院窓口で手続きをお願いいたします。


月を跨いで入院している方は、月末締めで翌月10日前後に請求書をお届けします。また、退院時は支払い金額をお知らせいたします。

お支払いは、1階入退院窓口でお願いいたします。


あります。費用は入院1日につき以下の通りです。

特別室 35,000円(税込38,500円)

個室  20,000円(税込22,000円)、18,000円(税込19,800円)


病名、治療内容、入院期間により異なりますので、入退院窓口へお問い合わせください。


【面会時間】

平日    15:00~20:00

土日休日  10:00~20:00


※ご本人もしくはご家族にご了解を得た上で、入院病棟のナースステーションへ面会をお申し込みください。個人情報保護のため、患者さんのご了解がない方は面会できません。


その他・一般

病院の建物の裏手に有料のコインパーキングがございますが、台数に限りがあります。近隣コインパーキングも併せてご利用ください。


入院患者さん用に病棟各階に電話用のスペースを設けております。外来待合室での通話はご遠慮いただいております。


【開館時間】

平日  7:30~19:00

土日祝 8:30~17:30


お見舞いなどで開館時間外にお越しの方は病院裏手の救急入口をご利用ください。鍵がかかっているので、インターフォンで担当者をお呼び下さい。


申し訳ございません。病院敷地内禁煙のためご遠慮頂いております。


婦人科外来にあります。気軽に声をかけてください。


日本では「説明と同意」と訳されています。患者さんが医療者から治療や投薬について十分な説明を受け、納得のうえで治療が行なわれることをいいます。


病気の診断や治療方法について、他の医師の意見を求めることをいいます。第二の意見ということです。


病気や怪我などで病院で長期の治療が必要なとき、医療費の支払いや日常の介護などの心配ごとに相談にのり、社会福祉の立場から様々な助言や援助を行なう職種です。


目標をもって作業や活動に参加することで、健康的な生活をおくるための準備や練習を行なうことです。


検査

最小限のエックス線を使用して検査しているので、身体に影響がでることはありません。ご心配な時は、放射線技師にお尋ねください。


当院内視鏡センターでは経鼻内視鏡検査を導入しています。ご希望の方は、内視鏡センターや主治医にお問い合わせください。


処方箋をお渡ししますので、保険薬局でもらえます。かかりつけの薬局があれば良いと思います。


薬の内容によって効果の時間が異なるため、医師または薬剤師にお尋ねください。


病気の種類や病状により、薬の種類も量も飲み方も異なります。担当医にお尋ね下さい。


ご自分の判断で薬の量を調節したり、やめたりすると、病気が再発あるいは悪化することがあるので、医師の指示どおりの服用をお勧めします。 ただし、普段と違う症状があれば、病気の悪化や、薬の副作用が原因ということも考えられるので、早めに担当医にご相談下さい。症状が強い場合には、次回受診日の前でも構いません。


Copyright © 2020 Nerima General Hospital All Rights reserved.