練馬総合病院

ご来院の方へ

脊椎疾患

脊椎変性疾患に対する手術療法を高い質で提供します

高齢化社会が進む今日、加齢による変化(変性)で運動器に関連する痛みで困っている患者さんが増えてきています。脊椎疾患は他の運動器障害に比べ腰痛や四肢の痛みやしびれが強く、生活動作とその質が著しく損なわれることがあります。
薬や運動療法で改善する場合もありますが、時に手術でしか改善が見込めない場合もあり、専門医の診察が必要です。
当院では脊椎の変性疾患(脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎椎間板ヘルニアなど)に対する手術療法を、脊椎外科専門医により高い質で提供する体制を整えております。

《担当医師》
平井 高志医師(非常勤、東京医科歯科大学整形外科学講座)
:日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会脊椎脊髄外科指導医、日本腰痛学会評議員

湯浅 将人医師(非常勤、東京医科歯科大学整形外科学講座)
:日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会脊椎脊髄病医

※水曜日午後の脊椎専門外来は、術前、術後の患者さんの診療枠となっております。脊椎の診療をご希望の方、紹介状をお持ちの方は、まず月曜、木曜、金曜午前外来の脊椎担当医の受診をお願いいたします。

Copyright © 2020 Nerima General Hospital All Rights reserved.