練馬総合病院

練馬総合病院について

練馬総合病院について

医療信頼性工学

表紙
書籍名 医療信頼性工学
著者名 飯田 修平/編著, 柳川 達生/共著
出版社名 日本規格協会
発行年月 2013年7月
ISBNコード 978-4-542-50180-5(4-542-50180-9)
目次 第1章 医療信頼性工学序論―医療の安全確保を目指して
第2章 ヒューマンファクター
第3章 m‐SHELモデル
第4章 バリエーションツリー分析(Variation Tree Analysis:VTA)
第5章 m‐SHELモデルの分析事例
第6章 故障モード影響解析(Failure Mode and Effects Analysis:FMEA)
第7章 ランクマトリクス法と医療システムへの適用
第8章 根本原因分析法(Root Cause Analysis:RCA)
第9章 信頼性と安全性
第10章 まとめ
院長よりひとこと  安全工学会に医療安全研究会を設置し、医療信頼性工学の確立を目指して日々検討を積み重ねており、2010年7月には安全工学40周年シンポジウムで特別講演する機会を得て、「医療の安全確保は医療の質向上から―医療安全概論・医療信頼性工学詩論―」として報告した。
本書はの4年間の検討の結果と、医療界における実践の成果をまとめたものである。
Copyright © 2020 Nerima General Hospital All Rights reserved.