練馬総合病院

練馬総合病院について

練馬総合病院について

医療ITと安全 よりよい医療をめざした安全なシステムの構築

表紙
書籍名 医療ITと安全 よりよい医療をめざした安全なシステムの構築
著者名 米国医学研究所(IOM)/著, 飯田 修平/監訳, 長谷川 友紀/監訳
出版社名 日本評論社
発行年月 2014年8月
ISBNコード 978-4-535-98396-0(4-535-98396-8)
目次 第1章 イントロダクション
第2章 安全と医療ITの現状評価
第3章 システムの安全と医療IT支援による診療の安全に関する現状調査
第4章 より安全な医療ITシステムの構築をめざして
第5章 患者と家族による医療ITの利用:安全に関する懸念
第6章 医療ITの安全性の向上をめざした責任の共有
第7章 医療改革をめざした将来の研究
院長よりひとこと  本書は医療ITの潜在的な利点とリスクを明らかにし、10項目の勧告を行ったゲイル・L・ウォーデンの「Health IT and Patient Safety」を翻訳したものである。
本書を参考に、医療ITを円滑に開発し、導入し、活用し、医療の質を向上し、安全を確保し、「医療における信頼の創造」の一助にしていただければ幸いである。
Copyright © 2020 Nerima General Hospital All Rights reserved.