練馬総合病院

練馬総合病院について

練馬総合病院について

標準的診療記録作成・管理の手引き

表紙
書籍名 標準的診療記録作成・管理の手引き
著者名 (社)全日本病院協会 医療の質向上委員会(DRG・TQM委員会)/編著
出版社名 じほう
発行年月 2004年7月
ISBNコード 978-4-8407-3307-6(4-8407-3307-4)
目次 Ⅰ.診療録と診療記録
Ⅱ.開示にたえる診療記録
Ⅲ.医療の質向上に資する診療記録
Ⅳ.診療記録の書き方
Ⅴ.診療情報管理
Ⅵ.診療記録の管理
Ⅶ.診療記録の法的位置付けと医療安全管理
Ⅷ.診療情報の電子化
Ⅸ.今後の方向性
Ⅹ.診療記録の編綴方法と主要記載用紙
ⅩⅠ.診療記録の事例
院長よりひとこと   診療記録は、医療の基本的資料である。 病院や医師により記載方法が異なり、標準化ができていなかった。 医療の質向上には、診療記録の標準化が必須である。
練馬総合病院をはじめ、4病院の実際の診療記録を基に、飯田が委員長を努める委員会が作成した。  電子化された診療記録に関しても、事例を紹介した。
Copyright © 2020 Nerima General Hospital All Rights reserved.